アクセスアクセス
特別外来のご案内
小児外来小児外来

<お子様の目はだいじょうぶですか?>


3歳児前後のお子様が次のような様子を見せたら、目の成長に何か異常があるのではないかと考えられます。一度、眼科医の診察を受けることをお勧めします。

●家庭で出来る子どもの目の健康チェック


1.極端に目を近づけて物を見る。
2.左右片方づつ物を見せたときに、どちらかの目が見えないという。
3.どちらを見て喋っているのか、よくわからないことが多い。
4.頭をよくかしげている。
5.よく片目だけをつぶっている。

●早期発見・早期治療が大切


物を見る能力は、6歳ぐらいまでに発達します。大きくなってから治療しても十分な視力が得られない場合があります。子供は、少しくらい見にくくても、大人にうまく伝えることができません。お子様の目の様子がちょっと変だなと気づかれたら、できるだけ早く専門医による診察を受けましょう。早期発見・早期治療が何よりも大切です。

●当院の小児外来のご案内


当院では、毎月1回、小児外来を実施しております。
対象は15歳くらいまで、斜視・弱視などのお子様です。
特別外来のご案内トップへ戻る >
pagetoppagetop