アクセスアクセス
目の病気について
加齢黄斑変性症について加齢黄斑変性症について

<はじめに>


加齢黄斑変性は米国をはじめとする欧米先進国において、成人(特に50歳以上)の失明原因の第一位であり、国民の注目度も高い眼疾患です。

病名が示すとおり加齢が原因ですので、年を取れば誰でも起こりうる病気です。加齢以外の原因が明らかにされていませんが、喫煙は危険因子の1つとされています。その発症を前もって抑えることができないため、現在でも様々な治療法が検討されています。日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加に伴って患者数が増加しています。患者数は男性のほうが多く、年齢が高くなるにつれて増加し、また両眼に発症する割合が高くなっていきます。

加齢黄斑変性は、失明という深刻な事態を招きかねない眼疾患であるにもかかわらず、一般にはまだよく知られていません。ここでは加齢黄斑変性の基礎的な知識に加えて自己チェックの仕方を解説しています。特に自己チェックで少しでも異常が見つかったら、かかりつけの医師に相談しましょう。

*加齢黄斑変性における失明は『社会的失明』と呼ばれます。視野の中心の視力は失われるものの、光をまったく感じられなくなるわけではありません。

<加齢黄斑変性症コンテンツ>


1. 加齢黄斑変性とは

2. 検査方法について

3. 滲出型加齢黄斑変性の治療について

4. 滲出型加齢黄斑変性の自覚症状について



※眼科PDT研究会監修:『加齢黄斑変性』高齢者に多くみられる眼疾患より 
pagetoppagetop